契約書の作成は重要です

現代社会において、契約書を作成することはきわめて重要です。
法律上は、口約束でも契約は成立します。しかし、口約束では具体的な内容が不明確となり、契約者双方の認識に齟齬が生じて、あとでトラブルになることも少なくありません。

契約書を作成することで、契約内容や条件を事前に明確にでき、もめ事を未然に防ぐことができます。
また、万が一トラブルに発展した場合でも、あらかじめ契約書の条項を有利なものにしておけば、話し合いや裁判で有利な方向にもって行きやすくなります。

契約書を作成する難しさ

とはいえ、契約書を一から作成するのは大変なことです。

市販の契約書も出回っていますが、一般的な条項が並べられているために、自分や相手方の会社の状況に即した内容になっていません。従って、いざ紛争になった際に、肝心な部分に関する記述が抜けているという事態になりかねません。

また、取引先からもらった契約書では、相手方に有利な条項ばかりであった、というケースもあります。

契約内容に関しても難しさがあります。

売買や賃貸借といった、単純で世の中で通常行われているような取引に関する契約であれば、比較的どのような条項を盛り込めばいいのか、法律に詳しくなくても見当がつきます。

しかし、

・業務委託契約など、委託する業務の内容が非定型的であるもの
・請負か委任か(特に開発委託契約の場合、請負か準委任か)

といった、素人では判断がつきにくい契約の場合はやっかいです。

さらに、

・全体に関して、関連法規に準じた内容になっているか
・契約の相手方が正しいか(無権限者でないか)
・契約書の内容に、後で法律上のトラブルが発生した際に、不利になるような文言がないか
・合意管轄の裁判所について定めがあるか

など、複雑な契約内容を全てクリアしたよい契約書を作成するには、相当な労力と時間が必要になります。

弁護士が契約書作成の力になります

そこで、法律の専門家である弁護士に、契約書の作成を委任するか、あるいは作成に関して相談されてはいかがでしょうか?
大企業を除き、契約書の作成を弁護士に依頼する会社はまだ少数派でしょう。
ですが、契約書の作成段階において、すなわち紛争が発生する前の段階で弁護士が関わることで、紛争を未然に防げることがあります。
そのような場合、後に紛争が発生してから弁護士が関与するよりも、はるかに少ない費用で問題を解決できることもあります。

弁護士法人東京ロータス法律事務所は、市民や一般の企業にとって身近な法律事務所でありたいと考えています。
契約書の作成に関してお困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

アクセス access

TEL:
0120-316-715
住所:
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階