弁護士法人東京ロータス法律事務所の事例について

Gさんの事例

会社員のGさんは友人に誘われたことがきっかけで競馬を始め、最初は儲かっていたのですが、 次第に負けがかさむようになりました。そのほか、パチンコや競輪にも手を出すようになり、 消費者金融5社から借入れを繰り返すようになりました。

その後、本人や家族の努力により、ギャンブルをせずまじめに働くようになりましたが、 ギャンブルをしていた時代の借入総額は700万円 にものぼりました。

Gさんは20年に渡って返済し続けましたが、 定年退職に伴い、残りの債務を一括返済しました。 その後、利息制限法を超える高金利は違法であることを本を読んで知り、 「返還請求ができるのでは?」と思い、当事務所に相談にいらっしゃいました。

その結果、Gさんは利息制限法の金利を上回る高金利で返済を続けており、 これまでに払い過ぎていた事がわかりました。 Gさんは結果として509万円もの過払い金返還に成功しました。

Kさんの事例

Kさんは、大学を卒業してすぐに結婚した専業主婦で、夫の給与だけで生活していましたが、両親が体調を崩し入院したことをきっかけに、両親への仕送りをするようになったことから、家計への負担が増大し、生活費の不足分を消費者金融やクレジット会社から借入れするようになりました。

最初は返済できていたのですが、徐々に返済が困難になり、パートで働き始めたものの、毎月の返済金額がパート収入を上回るようになりました。 夫にも相談できずに困っていたKさんは、悩んだ末に当事務所に相談にいらっしゃいました。

その結果、債務総額は248万円から50万円に減額、毎月の返済も10万円から2万円になり、返済期間は2年2ヵ月へ短縮されました。

Fさんの事例

Fさんは、親の事業の経営が危機に瀕したことをきっかけに脱サラし、親の事業を建て直そうと奮闘していましたが、いくらがんばっても残念ながら上手くいかずに、借金ばかりが増えるようになりました。

消費者金融4社から借入れを繰り返し、借入総額は500万円にもなりました。再び転職して会社員となり、25年に渡って返済し続け、何とか借金の全額を返済することができましたが、ある日、法律に詳しい友人から、「グレーゾーン金利が容認されていた時代に払いすぎた金利分の返還請求ができるのでは?」というアドバイスを受け、当事務所に相談にいらっしゃいました。

Fさんはグレーゾーン金利を長年に渡って払い続けていたため、結果として407万円もの過払い金返還に成功しました。

アクセス access

TEL:
0120-316-715
住所:
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階